« 2006年7月1日 | トップページ | 2006年7月5日 »

2006年7月3日

2006年7月 3日 (月)

ゼミ旅行in沖縄 2日目その1

翌日は朝市に行ったメンバーもいたが寝不足には勝てず、私はぎりぎりまで寝ていました。

で、国際通を歩きながららかじめ手配していたレンタカーを受け取り、先ずは「東南植物楽園」へ。Dscn1330

結構楽しめました。キャッシュバックもあって、得した気分です。

お次はDscn1349 ヘリオス酒造を見学。
昨日呑んだ「主(ぬーしー)」を作っている酒造メーカーです 。いまこの会社が力を入れている泡盛は「くら」。泡盛は甕(かめ)に入れて寝かすのに対して、「くら」は「樫樽」に入れて寝します。ウィスキーと同じ手法ですね。因みに焼酎で同じ手法をとっていて有名なのは黒木本店の「百年の孤独」です。(ここのHPは焼酎の宣伝をしていませんのでこちらをどうぞ。経営理念もすばらしい、感服です。ちなみに「百年の孤独」はかなりプレミアがついています。)

商品として出回っているのは3年物(3年物以上を古酒:くーすー と言います)ですが、37年前から造っており、2千6百樽ほで貯蔵されていました。貯蔵している蔵は撮影禁止で残念でしたが、入ると「ぷ~ん」と樫樽と泡盛の良い香りが漂っていました。100年間用の大樽もありなかなか壮観。早く3年物以上を商品化して欲しいです。お土産に「くら」か「主」を買おうと思いましたが、ここはもともとラム酒から出発したメーカーなので「ヘリオスラム」を購入。独特の香り(沖縄っぽい!)がして後味が軽いです。カクテルには向きませんが、水割りかロックが美味い!(酒好きにしかわかりません)

ヘリオスを知らない人も多いと思いますが有名な「オリオンビール㈱」とは戦略が異なり、個人的にぜひとも応援したくなります。

その後「道の駅 許田」でお土産を購入。「かりゆし」を購入しました。ゼミの先生いわく「ここが一番良心的な値段」だそうで、確かに「沖縄らしいモノ」が沢山あって、値段もほかと比べて安めでした。

小腹もすいたので、遅めの昼食をとりました。「食堂 ちえ」沖縄北部にあり、普通の観光Dscn1351Dvc00032Dscn1350客には見つけられません。ここのメニューは「そば ゆし豆腐 味噌汁」の3種類しかありませんでした。

先生オススメの「味噌汁」を全員が注文。「げ、なんだこりゃ」 と言うほど具だくさんの味噌汁と ごはん、そして油味噌。さっき許田の道の駅で、結構つまみ食いしてしまい、後悔しました。

しかしながら「やっぱ美味いわ!」で完食。もううごけません・・・・・・・

てなわけで、まだまだ2日目は続きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年7月1日 | トップページ | 2006年7月5日 »