« 総合診断実習in大阪① | トップページ | 総合診断実習in大阪3 »

2006年8月30日 (水)

総合診断実習in大阪②

大阪では班長をしているGoukiです。

班長という立場は結構しんどいですね。

さて、初日に経営陣と2時間半にわたりヒアリングを実施しました。(残念ながら業種や場所、写真は掲載できません)

いままでの実習では経験したことの無い規模の大きい企業です。年商30億弱、社員数は200名以上と、中堅です。

翌日から顧客アンケートと従業員意識調査、競合店調査、3日目は店内調査と物流センター調査、4日目も店内調査とヒアリングを行いました。

わが班の実習担当の先生は資料を重視する先生。良い先生なのですが、資料集めに我々は翻弄されています。

ただ、推測していたことが、資料を通して分析をすると「やはりな」と裏づけになります。

当然といえば当然ですが資料を通して数字を示されるとグウの音も出ませんね。改めて実感したことです。(ただし分析の仕方にもよりますが・・・)

実習企業は規模が大きくなってきて、しかも多店舗展開していますが、その業務プロセスやオペレーションが規模に追いついていません。

従業員意識調査でもその裏づけが取れ、さらに顧客アンケートからもわかります。当班にはアンケートのプロ、Tッキー氏がいるので非常に助かります。その切り口と、分析には定評があります。

そして今日ようやく分析結果と、問題点抽出が終わり経営理念と事業領域が決まりました。

本来は明日休日の予定ですが、わが班は引き続き課題と戦略策定を行います。みんな、がんばってくれー!

ちなみに今夜の大阪は雷が鳴って雨が降り出しました。早めに皆で晩飯を切り上げてよかったぁ。(近くの中華料理 珉珉(ミンミン)は結構うまいです。しかも早い!)

|

« 総合診断実習in大阪① | トップページ | 総合診断実習in大阪3 »

企業診断実習」カテゴリの記事

コメント

班長の重責お疲れ様です。
たしかに数字で示すとぐうの音も出ないですよね。ただ、数字のマジックというのもあるからそれを見抜く力量も問われるでしょうね。残りの実習がんばってください。大阪のおいしいもの食べ過ぎて太らないようにしましょう。

投稿: アネモネmiya | 2006年8月30日 (水) 05時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115108/11674578

この記事へのトラックバック一覧です: 総合診断実習in大阪②:

« 総合診断実習in大阪① | トップページ | 総合診断実習in大阪3 »