« 2006年9月6日 | トップページ | 2006年9月15日 »

2006年9月11日

2006年9月11日 (月)

インターミッション(閑話休題)

何処にも行かないのはなんなので・・・・・・

土曜の夜から京都に行ってきました。

京都の超一流企業に勤める同級生O沢氏と軽く飲むためです。ちなみに京都は3年ぶり。3年前も彼にお世話になりました。

O沢氏は世界をまたに駆けるビジネスマン。米国はもちろんフィリピンの密林の奥地まで仕事で出かけます。京都も学生時代からずっといるので、言葉もすっかり「怪しい」京都弁になりました。

さて、土曜日は彼も会議だったために、夜8時に合流。京都駅の近くのこじゃれた店は満席。仕方なくタクシーで高台寺へ。

こんなところに店があるのか?と思いつつも彼についていくと、おもむろに小路に入りました。観光客もほとんどいないけど、京都らしい趣があります。小路の両隣は旅館が続きます。

Sh530021 こんな感じの場所ははじめて。「石塀小路(いしべこうじ)」という場所です。お店も入りづらい。敷居が高いですねぇ、京都は。「豆ちゃ」という男2人で行くには似合わないお店に行きました。

いろいろ飲んで、さらにワイン1本をあけたところで、10時半。彼も明日は早い時間に大阪に行くと聞いていたのでこの辺でお開きにしますか。食事も美味かったし。

O沢氏「じゃ、祇園にいい店があるんで行くか」

おいおい、明日は早いのでは?「いや、大丈夫。1時には帰ろう。俺も京都駅前にホテルを取るよ。せっかく来たんだから一緒に泊ろう」と。

ありがたいお言葉。持つべきは友人です。携帯でホテルを取り(彼の企業の名前を言うと安くなります)、祇園の店へ。

行ったお店は祇園の奥にあるクラブ。高そうです。入るなり「お待ちしてました」と、既に彼のボトルがセットされてました。

ここのママ(タカコさん)とは彼も仲が良い(変な意味ではありません)らしく、いろいろ気を使っていただきました。席に着いたオネーさま達も美人で、楽しいひと時。オネー様の一人、やすこさんは特に美人でした。いいねぇー、久々に大人な時間です。

1時を回って、すっかり酔いも回りました。ママが「京都のうどん食べはりました?」

いえ、まだです。「それはあきまへん、O沢ちゃんつれてってあげて。」

いや、もう1時半だし帰るところだし・・・・・(祇園のたいていのクラブは1時まで。)

「じゃ、ひびきママのお店で食うか」と、有無を言わさず3軒目へ。(オカマバーです。)

ひびきママのところで、出前で食べたうどんは美味かった・・・・・。食べてる途中でタカコママも合流し、さらにワイン(シャブリ)を空けました。「このワインは私のおごりよ」と、タカコママ。

いいのか?こんなに良くしてもらって。でも良く考えたらこれもO沢氏の人徳と人脈のなせる業です。

タカコママと話していたらSeijiも知っているとか。しかもO沢氏が紹介する前から。

Seijiも歌舞伎役者時代に祇園で結構飲んでいたのね・・・。

4時を回ってさすがにきつくなってきました。「なんや、飲み明かすって言うたやん」いや、タカコママ、勘弁してください。

タカコママをタクシーで見送り、我々もホテルへ。10時までにチェックアウトはつらかったが、しっかり朝飯を食ってO沢氏と一緒に大阪に戻りました。

「じゃ、また来てな、京都に」と大阪駅で別れ、楽しかった京都クラブ活動も終わりです。

ホテルに戻って一眠りしたらすっかり日も暮れてました・・・・・・・・・・。

いやー、友人ってほんとにありがたいですね。(クラブ活動費は彼の奢りです。)

O沢氏、ほんっとーーにありがとう!これからも頑張ってやーー!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月6日 | トップページ | 2006年9月15日 »