« 2007年5月6日 | トップページ | 2007年5月27日 »

2007年5月13日

2007年5月13日 (日)

彼は資金を調達できるか?その2

さて、前回は「4K」なる「資金調達のための金融機関向け事業計画書」勝手なポイントを書きました。

ちょっと説明しますと、

  簡潔に書く。

実は、金融機関に持ち込まれる「事業計画書」の多くが「気合入りすぎ」なものが多いのです。

初めてのことだから仕方の無いことですが、中には50ページ近く書いてくる方もいます。しかし、金融機関の人間は同時に複数の案件を抱えており、「あなただけ」の案件のみ見るわけにはいかないのです。

それゆえに簡潔に書いていただいた方がありがたいのです。

既存の業態なら、ページ数は資料も含めて30ページ以下がベストです。ただし、新しいビジネスモデルを構築する場合は別ですが。

    過不足なく資料をつける。

これも、不必要な資料が多い場合があります。

数百点ある商品の「全商品の価格リスト」等をつけていただいたことがあります。

また、「ビートルズバー」を開業するのに、ビートルズの「全曲リスト」と解説なんてのもありました。個人的には面白かったのですが、資料的には正直いりません。

逆に必要な資料が無いときもあります。

設備資金の見積書や、マーケティング調査の資料などです。

「数字」の根拠がわからないからです。

    カッコつけない

やはりどうしても「よく思われたい」と考えてしまい、

脚色してしまう数字や自己資金を多めに書いてしまう人が多いようです。

根拠の無い数字などはすぐにバレます。

むしろ、担保が無いことや自己資金が少ないこと等、マイナスの面はさらっと書いておく方が良いでしょう。

どうせ聞かれますから。

    金繰り(返済財源)を明確にする。

当然売上から返済するわけですが、

「月々○○円の売上が予想されます」とだけしか書かれていないものがありました。

先にも書いた「根拠」が示されていません。

また、少なくとも半年、出来れば1年先までの資金繰り表を作っておく方が良いでしょう。

「借りたお金は返せる」が根拠を持ってキチンと書かれていないと厳しいです。

彼の税理士が作った計画書ではまったく事足りません。

よって1から作り直しとなりました。

まずはヒアリング。

起業にいたった思いや会社名の由来(どうしてその名前にしたか)、

何を重点に置いて経営するか、差別化は図れるか?等を聞き取ります。

続いてマーケティング調査。

半径50m以内の「バー」をすべて調査しました。

幸いにも5店舗程度だったので、楽でしたが。

そして昼間人口と夜間人口の調査。これは区役所などにありました。

ストアコンセプト。

他の5店舗とは違う形で作ります。

後は資金使途と資金繰り表、代表者及び従業員プロフィール、

メニュー構成なんかを盛り込んで、資料含めて28Pとなりました。

ちょっとサマリーを書いてみましょう。

  1. 会社概要

  2. 代表者プロフィール、従業員プロフィール

  3. 起業目的

  4. 経営理念

  5. 事業領域

  6. 市場調査、競合店調査

  7. 事業計画概要

  8. ストアコンセプト、メニュー構成

  9. 資金使途、必要資金

  10. 今後の事業計画、抱負

  11. 資料:資金繰り表、店内見取り図、賃貸借契約書、確定申告

だいたいこんなもんですかね。

さて、これを持って彼は某地銀(借入している)にいったのですが・・・・・・・

                                     つづく

| | コメント (7) | トラックバック (1)

« 2007年5月6日 | トップページ | 2007年5月27日 »