グルメ・クッキング

2006年9月18日 (月)

焼津パート2

さて、17日は名古屋で「英国式足裏マッサージ」を施術してもらいました。

50分5千円でしたが、施術後は「うそ!」と思うくらいに足が軽くなり、快調です。この足で焼津へ突撃です。

6月以来の焼津。駅には11番(しばてん)氏が迎えに来てくれてました。10分後に3939氏も合流。

3人で温泉に行ったのですが、3939氏は「カラスの行水」。ありゃ、こちらが体を洗っている間に早くも出て行ってしまいました。

さて、6月にお世話になった「黒潮」に到着。前回は「飲んで」しまったため、完食できずに「負けて」しまいました。

今回はあまり飲まずに「再試合」です。

060917_1817_1 まずは「マグロの兜焼」きです。ただし、今回は3人なので半分。十分です。つづいて「戻り鰹の刺身」、絶品です。

060917_1827 お次は「カサゴのまる揚げ」。頭からバリバリいけます。

060917_1832 ここで、一人ひとりに「舟盛り」の登場。食い切れん!

060917_1844 さらに、「マグロトロステーキ。」、いかん、負けそうだ・・・・・。

飲む暇も、一服する暇も無く、食べまくりました。会話を交えながら、なんとか完食。最後に桜海老のてんぷらと、味噌汁で〆ました。

泊りは11番氏のご自宅。新築3年目でキレイで広いです。奥様とお子様は実家に非難していただいたので、小宴会。だらだら飲みながら、しゃべりながら、テレビ見ながら就寝。

翌朝(今日ね)、奥様がおにぎりと味噌汁を差し入れてくれました。ありがたや(~o~)。感謝します!

まぁ、なんとか24日ぶりに自宅に帰還。ポストは郵便物で氾濫してましたが、どうやら空き巣には入られていない様子。

ところが・・・・なんと冷蔵庫が故障していました。冷蔵庫内電気はつくが、冷気がありません。中身は全滅(といっても水と調味料しかないが・・・)。

いつから止まっていたのやら・・・・・。大阪で散々出費してしまっているのでしばらく冷蔵庫無しの生活が続きそうです(-_-;)

何はともあれ、11番氏、ありがとう!また襲撃するぜ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

名古屋

私は、今、名古屋にいます。

15日、大阪の帰りに名古屋入りしましたが、この日は疲れがどっと出て、何処にも行かず寝てしまいました。

今日(16日)は、なんとしても「あつた蓬莱軒 本店」の ひつまぶし が食べたかったので、早速ネットで調べていきました。

名古屋駅から神宮前で降りて15分、11時半につきました。開店時間ちょうどだ!

ん?ネットでは11時半開店だったのに、11時から開店しています。すでに数人待っているヒトが結構います。「ありゃ、結構待つかな?」

しかし、5分ほどで席に案内。一人なのに4人席に案内されて少々恐縮。いちおう御品書きをみましが、「ひつまぶし」を注文。(大盛もありました)

新聞を読みながら待っていると15分ぐらいで出てきました。

Img_0572 おおー、ぎっしり詰まってます。さっそく一口。「うまい!」

お次は薬味とともに一口「いける!」

最後はやはり出汁茶をかけて、薬味をのっけて一口「うーん、幸せ!」

十分堪能しました。量も男性なら適量でしょう。大盛りだときつかったと思います。

Img_0574 お店を出ようと玄関に行くと既に30人近く待ってます。すげー、やはり有名なんですね。塀の外にもヒトが待っています。車でぞくぞくやってきているのを横で見ながら「早目にきてよかった」と思いました。

一度ホテルに戻り、ごろ寝して目が覚めたら18時半!げ、もったいない。やはり疲れがたまっているのかなぁ。

Sh530027 晩飯を食おうと、うろうろしていましたが、何処もいっぱいです。ようやく「鳥料理 もみじ」に入店。肝さしと串揚げ、焼き鳥を注文。結構美味かったです。

肝さしは「甘い」肝独特の味と、ごま油がなんともいえませんでした。

帰りに「台湾らーめん」を食べて今日はおしまいです。ピリ辛の独特の風味が美味かった。

さて、明日は焼津に行く予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月22日 (水)

やきとり

今日、会社の先輩とカル3(軽く30分)でのみに行くか、と言うことになり、平和島駅近くでうろうろしていたら、先輩が「焼き鳥が食べたいな」「ここどうだろう?」と赤提灯に「やきとり」と書いてある店に入った。時間も早く、誰も客のいない小汚い店だったが、まず「生ビール2つ!」。

さて、メニューは?と壁に貼ってあるお品書きを見ていると「ひな」とか「ねぎま」等が無い!

「やきとり」屋なのにとおもって聞くとひらがなで「やきとり」と書いてあるのは実は「やき豚(とん)」であって、「焼き鳥」と、鳥の字が漢字になっているのが我々の言う焼き鳥なのだそうです。

今までまったく気が付かなかった・・・・・皆さん知ってました?

| | コメント (1) | トラックバック (0)