経済・政治・国際

2007年5月27日 (日)

彼は資金を調達できるか?その3

さて、彼は某地銀に行った訳ですが、

どうもその担当さん(30代半ば)がイマイチな方なようで・・・

個人事業主から法人成りした場合、

個人事業主時代に借入した借金は個人→法人に移ります。

この手続きを

「重畳的債務引受(ちょうじょうてきさいむひきうけ)」

といいます。

某地銀の担当者はこの手続きに2週間近くかけてしまった。

どうも保証協会への手続きに手間取ったようで、

いわく「協会用の用紙が無いので取寄せてます」とのこと。

おいおい、2週間もかかるかよ・・・

しかも、何度も彼を呼びつけたり、

営業ピークのPM10時に

「印鑑下さい」

と来てそのまま帰ったり・・・。

(ん?ということは顧客印のある書類を自宅に持ち帰ったのか!)

何回か営業時間中に来る担当者に、

とうとう彼もキレて「営業時間中にはご遠慮ください!」

と言ってしまったとか。

うーん、ちょっと担当者に問題ありです。

で、結果的に

担当者:「保証協会の保証付きで5百万円出ました。」

彼:「それだけですか?・・あの、希望は15百万円(ホントは10百万円)なんですが?」

担当者:「それ以上はちょっと・・・協会の決定ですので」

彼:「プロパー(独自貸し:協会付きではない貸金)は検討してもらえない?」

担当者:「厳しいです・・・」

彼:「でも、もう動き出しているのですが・・・」

担当者:「スイマセン・・・」

ダメだこりゃ。

もちろん彼にも問題があります。

しかし今の時代、プロパーをまったく出さない金融機関は

業務的に「厳しい」

金融機関の証です。

リスクがある場合は金利を多少高めにしても

(例えばビジネスローン)プロパーを検討すべきでしょう。

彼:「ごうきさん、どうしましょう?」

私:「うーん・・(うちで出せなくも無いが、それはコンプラに抵触する)」

彼:「無理なんですかね?」

私:「いや、国金(国民生活金融公庫)には行ってみた?」

彼:「まだです。でも既に借入ありますよ。」

私:「大丈夫、感覚的にあと5百万円はいける!必要資金はクリアできるはず!」

なぜこんな根拠の無さそうな事(感覚的)を言ったかというと、

政府系金融機関は国際協力銀行、日本政策投資銀行、

中小企業金融公庫、国民生活金融公庫、商工組合中央金庫、

農林漁業金融公庫、公営企業金融公庫、

沖縄振興開発金融公庫の八つ。

今後これが2機関に統合される予定です。

どこが主導権を握るかはわかりませんが、

もし民間と同じならば、貸金が多いところが主導権を握るでしょう。

つまり、国金は貸出金を増加させたいはずです。

もうひとついえるのは、

定量面よりも定性面を重視してくれる場合が多いのです。

さて、国金では「重畳的債務引受」手続きもスムーズに終わり、

あとは審査を待つだけ。

彼:「やりました!7,500千円出ました。ありがとうございます」

私:「おー、予想より多いね」

彼:「事業計画書がよかったと言ってました。ありがとうございます!」

私:「そうかぁ、ほっとしたよ」

結果的に協会と国金で12,500千円借入できたわけで、

十分な設備資金と運転資金が調達できたわけです。

時間はかかったけど、結果オーライって奴です。

まぁ私の作った事業計画書よりも、

彼の経歴とスタッフの経歴が良かったからだとおもっています。

しかし、某地銀はいったい・・・・・

教訓:金融機関担当者には

     「アタリとハズレ」がある。

ただし、若い担当者の場合は大目に見てあげましょう!

今回はこんなオチで終わらせてもらいます。では。

| | コメント (20) | トラックバック (1)

2007年5月13日 (日)

彼は資金を調達できるか?その2

さて、前回は「4K」なる「資金調達のための金融機関向け事業計画書」勝手なポイントを書きました。

ちょっと説明しますと、

  簡潔に書く。

実は、金融機関に持ち込まれる「事業計画書」の多くが「気合入りすぎ」なものが多いのです。

初めてのことだから仕方の無いことですが、中には50ページ近く書いてくる方もいます。しかし、金融機関の人間は同時に複数の案件を抱えており、「あなただけ」の案件のみ見るわけにはいかないのです。

それゆえに簡潔に書いていただいた方がありがたいのです。

既存の業態なら、ページ数は資料も含めて30ページ以下がベストです。ただし、新しいビジネスモデルを構築する場合は別ですが。

    過不足なく資料をつける。

これも、不必要な資料が多い場合があります。

数百点ある商品の「全商品の価格リスト」等をつけていただいたことがあります。

また、「ビートルズバー」を開業するのに、ビートルズの「全曲リスト」と解説なんてのもありました。個人的には面白かったのですが、資料的には正直いりません。

逆に必要な資料が無いときもあります。

設備資金の見積書や、マーケティング調査の資料などです。

「数字」の根拠がわからないからです。

    カッコつけない

やはりどうしても「よく思われたい」と考えてしまい、

脚色してしまう数字や自己資金を多めに書いてしまう人が多いようです。

根拠の無い数字などはすぐにバレます。

むしろ、担保が無いことや自己資金が少ないこと等、マイナスの面はさらっと書いておく方が良いでしょう。

どうせ聞かれますから。

    金繰り(返済財源)を明確にする。

当然売上から返済するわけですが、

「月々○○円の売上が予想されます」とだけしか書かれていないものがありました。

先にも書いた「根拠」が示されていません。

また、少なくとも半年、出来れば1年先までの資金繰り表を作っておく方が良いでしょう。

「借りたお金は返せる」が根拠を持ってキチンと書かれていないと厳しいです。

彼の税理士が作った計画書ではまったく事足りません。

よって1から作り直しとなりました。

まずはヒアリング。

起業にいたった思いや会社名の由来(どうしてその名前にしたか)、

何を重点に置いて経営するか、差別化は図れるか?等を聞き取ります。

続いてマーケティング調査。

半径50m以内の「バー」をすべて調査しました。

幸いにも5店舗程度だったので、楽でしたが。

そして昼間人口と夜間人口の調査。これは区役所などにありました。

ストアコンセプト。

他の5店舗とは違う形で作ります。

後は資金使途と資金繰り表、代表者及び従業員プロフィール、

メニュー構成なんかを盛り込んで、資料含めて28Pとなりました。

ちょっとサマリーを書いてみましょう。

  1. 会社概要

  2. 代表者プロフィール、従業員プロフィール

  3. 起業目的

  4. 経営理念

  5. 事業領域

  6. 市場調査、競合店調査

  7. 事業計画概要

  8. ストアコンセプト、メニュー構成

  9. 資金使途、必要資金

  10. 今後の事業計画、抱負

  11. 資料:資金繰り表、店内見取り図、賃貸借契約書、確定申告

だいたいこんなもんですかね。

さて、これを持って彼は某地銀(借入している)にいったのですが・・・・・・・

                                     つづく

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2007年5月 6日 (日)

彼は資金を調達できるか?その1

皆様、ご無沙汰しておりました。

正月以降、仕事に追われたり、知人の法人設立後の資金調達を手伝ったり、十二指腸潰瘍になったり、秘密結社「鷹の爪団」入団したりで、公私共に忙しかったのです。

この間、土日はミッチェル氏(mixi仲間)に誘われるまま、診断士(大学校以外の方)の飲み会等で連携を図ったりしてました。(名刺の数が相当増えました。)

そうそう、胃カメラの結果としては「十二指腸潰瘍」+「正常ではないが癌ではない」細胞(なんだそりゃ?)が見つかり、現在は薬で療養中。(しかし飲酒しまくりです・・・)

さて、近況を徒然なるままに書いていくと、取り留めの無い内容になるので、ここは知人の話をします。(守秘義務に反しない程度にね)

業種は飲食店、業態は「バー」です。

彼は既に2年前に10年勤め上げた「バー」から独立し、個人事業主として「バー」を経営しています。

しかしながら立地の悪さが原因でなかなか思うようにいきませんでした。隠れ家的存在としては良いのですが・・・・ (彼の技術、接客、センスは問題ありません。)

そこで思い切って2店舗目を出店しようと、法人を設立しました。(資本金100万円だったかな?)

なぜわざわざ法人にしたのか?・・・・

彼の直近の目標としては5店舗程度に拡大したいのです。そのためには個人事業主では税金的にも、信用的にもちょっと難しい、ってことです。

2店舗目は某ターミナル駅の繁華街。立地としては問題ないですが、競合が多いです。そもそも飲食業は参入障壁が低い。まして「バー」の競合店は数知れず。

さて、私への依頼内容は「金融機関から15百万円借入するための事業計画書」の作成です。

私:「ホントはいくらいるの?」

彼:「10百万円です。自己資金は14百万円あるけど、それは店舗借りるのに使いました」

某ターミナル駅の繁華街の保証金は結構高いんです。

私:「え?もう賃貸契約結んだの?」

彼:「はい。」

・・・・・後戻りできません。

私;「(借りて)返せるの?」

彼:「大丈夫ですよ。」

おー、自信ありげです。

しかしコツコツとこの12年間で、妻子ありながら14百万円貯金してきたのは事実。

彼のセンスと技術は問題なく、なにより「貯金」してきたのは大きな信用になります。

(我々の業界では「貯金できる人は金を返せる」って考えがあります。)

ちなみに、全額郵貯だそうです。(ちっ、俺の会社じゃねーのか、って気持ちは抑えて。)

彼はすでに1店舗目を開店するときに、信用保証協会と国金(国民生活金融公庫)から資金調達してます。

返済実績は2年ありますが、この上さらに資金調達するのは難しい。しかも確定申告の内容はイマイチ・・・・・

彼:「い、一応、税理士の先生が作ってくれた事業計画書があるんですけどね・・・」

私:「・・・・これだけ?(全3ページ)」

彼:「はい。これじゃ無理ですよねぇ?」

中身は、法人設立動機と必要資金、そして最後にエクセルで作った年間資金繰り表。

おいおい、これじゃ資金調達できないよ。しかも「資金繰表」微妙に間違ってるし。

個人的にお金を持っているのならば、彼の定性面に対して出資しても間違いない気がするのです。

が、そんなお金はありませんし、あったとしても今の私では「浮貸し」になります。

彼には結構「良い酒」をご馳走になっているし、賃貸借契約結んでしまっては、後戻りできません。ここは一肌脱ぎますか。

当然のことながら、うちの会社とは別の金融機関からの調達となります。

さて、ここで私なりの「資金調達のための金融機関向け事業計画書」のポイントは、

①簡潔に書く。

②過不足なく資料をつける。

③カッコつけない。

④金繰り(返済財源)を明確にする。

・・・・ぐらいですか。名づけて「4K」!(響きワルイなぁ、3K+1かよ!)

まぁ、今経験と勘で適当にに考えたので、後で訂正するかもしれません。

てなわけで、つづきはまた後日。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2006年12月24日 (日)

規制緩和、キター!

昨日は神楽坂のギャラリーでSeijiのミニ舞台を観た後に、クリムとんとその彼女とでクリムとんの就職祝いで軽く飲んでいました。若いっていいなぁ・・・

ちなみに、ギャラリーではワインが振舞われたので、一人で「おかわり」を重ねていましたが・・・・・

で、今朝の日経の一面を見ると、「ん?」と思う記事が載ってます。

以下抜粋です。

日経新聞2006年12月24日

信金・信組に「地銀型」

大企業にも融資 税優遇は廃止 中小密着型と二分 金融庁検討

 

 

 金融庁は信用金庫と信用組合の業務形態を抜本的に見直す方針を固めた。営業地域や貸出先について原則として規制をかけない「地方銀行型の信金・信組」と、従来通り地元の中小・零細企業を主な取引先とする「地元密着型」に再編する方向で検討する。有力な信金や信組の競争がさらに激しくなり、業界再編が加速する可能性もある。

 

 信金や信組の兼務制限の緩和は政府の規制改革・民間開放推進会議が二十五日にも提言する。これを受け、金融庁僧二〇〇七年度に金融審議会(首相の諮問機関)で具体策の検討に入り、信用金庫法や協同組合金融法などを〇九年度にも改正する方針だ。

 

 現行法では信金・信組の融資先は、出資金を拠出した会員(組合員)に限られている。信金は「従業員三百人趣かつ資本金九億円超の法人」、信組は「三百人超かつ資本金三億円超の法人」を会員にすることが原則としてできない。金融庁は融資先を会員に限定する枠組みを撤廃するか、大企業の一部が会員になれるように基準を緩和するかを調整する。営業地域も自由に広げられるようにする案が浮上している。税制上の優遇措置の廃止も検討する。現在、借金や信組の法人税の基本税率は二二%で、銀行など株式会社の三〇%と比べて低い。

 

 規制緩和だけを進めると、地元の零細企業などへの融資が手薄になるとの懸念もある。このため金融審はセーフティーネット機能を果たす新たな業態の協同組織金融機関を設けることを検討する。取引先や営業地域などについて規制がある半面、税制上は優遇する協同組織金融機関を設け、各信金・信組に「地方銀行型」か「地元密着型」かを選択させる方向だ。

 

 おお、ついにわが業界にも規制緩和の波が来ました。

 今の支店にいると、たしかに「地域」「資本金」のカベがネックになって融資できないことがあります。

 しかし「地域に密着し地域と運命を共にする」金融機関としてはやむを得ないかと。

 「地銀型」を選択すればネックは解決しますが・・・・・

 今現在、個人的には「地域密着型」が良いかと感じています。

理由として

  1. 「地銀型」を選択した場合、おそらく優遇税を捨てなくてはならない
  2. 「大手企業」は間接金融より直接金融になっている
  3. 「大手企業」からは金利が取れない(儲からない)。
  4. 「大手企業」が決済口座として信金を利用するとは思えない。(全国に支店が無いし)
  5. 「地域」を越境しても管理が出来ない(深耕ができない)。
  6. 小口融資は手間もかかるがリスク分散になっている。
  7. 「信金」に借りに来る「大手企業」ってどうよ?(リスク高そう・・)

 まぁざっとこんな感じですか。

 でもわが社の会長殿は「あたらし物好き」だから「パクっ」て食いつきそうだなぁ。

 皆さんはどう思います?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

うっ・・・いつのまにやら初夏

大変ご無沙汰しています。って前回もこんなタイトルでした。

昨年末から全然更新していませんで、情けない限りです。

色々ありました。第1回の定期試験で追試となってしまったこと(しかも財務で)。

3年ぶりにスキーに行ってヘロヘロになってしまったこと。

視力矯正手術を受けて目が良くなったこと(0.03が1.5に!)

友人T君の舞台を見に行ったら、彼の演技はぴか一だが、台本演出がひどかったこと。

トルコ料理が美味かったこと。

第2回目の定期試験はかろうじてクリアしたこと。

商業診断実習が大成功に終わったこと。帰りに食った韓国料理が美味かったこと。

昨年学校行く前に手がけていた案件の内部承認が決定したこと(12億!)

GWに中国にいけなかったこと。(計画していたのに・・・)

職業能力開発総合大学を見学して、感心したこと。

自治会長になったこと。

友人T君の2回目の舞台が非常に良かったこと。(劇団移籍して正解です)

で、今日に至りました。

今日はGW明けに行った職業能力開発総合大学のお話。

Photo_1Img_0358この大学校は要するに「モノ作り」の人材を養成する大学。国が援助しているので学費が安く、設備もまぁまぁ。見学にあたり私が今通っている大学校から「これを着ていくように」と渡された作業服を着て見学しました。(全体写真)なお、別途写真に写っている学友4人は、なぜか「受刑者達」に見えてしまうのが不思議です。(彼らは某企業や某庁のエリートです。名誉のために目隠しを入れておきます)

日本は高度経済成長時 代は「モノ作り大国」でしたが、オイルショックやプラザ合意以降はサービス業が主体となり、中小企業の製造業は徐々に縮小。そしていまや圧倒的な人件費の安さと、最新の設備で中国が「世界の工場」となってしまいました。

最先端の技術や「匠の技」は日本が優位に立っていますが、2007年問題もあり、「匠の技」の継承が難しくなってきました。「このままではいかーん!」と思ったかどうかわからないが、この大学では若手を中心にモノ作りの技術を教えています。若い女の子もたくさんいて、見学に行ったわれわれも「ソワソワ」してました。(なんでじゃ!)

でも、ホントにこのままでは日本の製造業の技術は、そっくり中国に持っていかれてしまいます。(新幹線の運行管理技術も持っていかれちまった)特に中小企業では、経営資源の問題から匠の技術を持った「団塊の世代」の定年後の再雇用が難しい。 で、さらに、人材ブローカーなる怪しげな連中が、技術を持った退職者をどんどん「大陸」に送り込んで、中国の若者に技術を伝承しています。何故、退職者は中国にいってしまうのか?

簡単に言えば、なにせ、中国では生活費が安く、しかも技術者は尊敬されて、中国の若者も知識の吸収に貪欲で、そこそこ「遊べ」て、且つ仕送りも家族にできる。技術を持った退職者には天国です。

日本政府も早く手を打たないとヤバいよ、ホントに!どんな世界でも人材の「」が厚いところが最終的に勝ちます。日本の若者はは製造業の現場には興味が無く、対して大陸の若者は貪欲に知識を吸収します。どう考えても負けますね、日本は。

そんな中で、この「能開大」に学んでいる若者は日本の製造業の唯一の希望ともいえるでしょう。頑張ってください!!!!!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月17日 (土)

東京都立産業技術研究所

ハードな1週間であった。仕事?いえ、飲み会が多くてね。

12日はお休みしたが、13日は前の支店からのお誘いで、芝浦でイタリアン&ワイン三昧(美味いが高い!でもおごっていただく)、14日はわが社の太田区エリアご用達の居酒屋(美味くて安い、オススメ。知りたい人はメールください。ここは割り勘)、2次会は寿司屋(ここはおごり)で、1時過ぎに帰宅。15日は中小企業診断士の上司との飲み会(ここは半分出していただく)、2次会はいつものバー。16日は私の壮行会で、中華(美味いが、量が多く食べきれない)2次会はカラオケ(この日はすべてロハ)。毎日午前様近くてヘロヘロ。毎日「ウコンの力」に頼っていました。タクシー代が嵩んだよ。(ロハという言葉がわからない人は若い人だね)

で、非常に面白かったのは15日。

この日は診断士の上司(4人)と東京都立産業技術研究所に行った。この日はこの研究所の年に1回の公開日で、見学者も多かった。さまざまな研究、試験をしており、中小企業の支援をしている施設だ。「こんな技術があったのか!」と驚きの連続。半日しか見学できなかったが、1日中見学したかった。日本はまだまだ世界に負けないと実感させられた。また産官学連携の窓口にもなっており、コーディネーター料は無料との事。すばらしい!このようなところに税金をつぎ込んでも文句は出まい。

飲み会ではさまざまなテーマで議論が熱くなり、心地よい疲労感がありました。

呑み会ばかりでダメダメな1週間でしたが、来週はまっすぐ帰るぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月18日 (土)

ヒット商品

ヒット商品の生まれる過程について、とある本で読んだので・・・・

研究開発によって得た技術・ノウハウは、新製品という形で市場に流通し需要者の手に渡るのであるが、研究開発の成果を製品化できなければその費用と労力は無駄骨になってしまう可能性がある。逆に新製品を開発しその商品がヒットすれば企業の収益を向上させる効果がある。

経常利益が増加傾向の企業は自社にヒット商品を持っている割合が高い。ただし商品ライフサイクルが短期化していることを考えると、従来以上に多くの新製品を開発し、ヒット商品を作り出すことの重要性が高まっている。

ヒット商品が生まれる過程においては偶然性が語られることもあるが実際にはそのような偶然的、突発的に生まれ出ることはほとんどない。実際、現在のヒット商品は販売前から「売れる」と予想していたのは89 %となっており、販売前から「売れる自信がない」「売れるかどうかわからない」ような商品は、やはり売れないのである。

また新製品の開発過程において社内の開発、生産、営業間の連携も重要で、部門間で意見が合わないことが多い企業はは新製品開発に成功しない傾向にある。

つまりこうしたヒット商品を作り出している企業は開発・生産・マーケティングが一体化した取り組みを行い、「売れる」という確信のもとで開発を進めていることがわかる。

要するに発想の転換で「思わず大ヒット」ということはほとんどがないってことですかね

| | コメント (0) | トラックバック (0)